‟水に流す、ケツは拭かん” クラッシャー呂布カルマ

   

呂布カルマ

おれはウォシュレットマン 水に流す ケツは拭かん

 

サングラスにオールバックにスタジャン。

チンピラのような形の名古屋のラッパーはボディを深く抉るようなパンチラインを次々に繰り出す。

 

 

呂布カルマ。

 

他のラッパーがギャーギャー喚くようなスタイルの中、彼は抑揚のない退廃的な声色で相手を圧倒する。

 

「これがボクシングじゃありえねぇ 言葉のウェイトに差がありすぎる」

 

この言葉にはつま先まで痺れた。

 

バトルの過熱

徐々に人気が過熱しているJ-hiphop。

盛り上がりの一端を担っているのはバトルMCであろう。

この世界に居ない人からすると、こんだけディスりあってて普段大丈夫なの?

と内輪の喧嘩を心配してしまうが・・・。

 

戦極MC BATTLEやフリースタイルダンジョンなど、日本のトップクラスのMCが猛烈にディスりあうのは確かに見てて面白い。

頭でもケツでも韻を上手く踏むと気持ちいいし、パンチラインには痺れる。

圧倒的な優男でもない限り、つまらない音楽聞くより100倍は聞きごたえがある。

 

その中でも呂布カルマはかなり信者が多い。

その落ち着いた態度と声、言葉一つ一つのセンスの良さ、言い回し、ディスのえげつなさは明らかに他とは一線を画す。

 

音源がいい

あと呂布カルマは音源がほんとにかっこいいんだ。

呂布カルマの声のテンションに合わせた暗めのビートもマッチしている。

バトルと違って、バンバン韻を踏むし、そのセンスも抜群だ。

派手さはないが癖になる。何回リピートしただろ・・・

DOTAMAやR指定、鎮座など、ヒップホップフリーク以外からも人気のあるMC達。

僕は呂布カルマが1番好きかもしれない。

 

でもまぁ、ケツは拭いてほしい。

 

 - MUSIC