くるりの新曲に対して湧き上がる「それじゃない感」

   

QURULI_s

くるりが発売したEP『琥珀色の街、上海蟹の朝』

表題曲の琥珀色の街、上海蟹の朝がものすごーく物議をかもしている。(自分の中で)

キャッチーなサビ、独特の歌詞はいかにも「くるり」な作品だった。

フルで聴く前は少なくともそう思っていた。

 

まさかのラップ

MVもなく音源もないので申し訳ないが、この曲岸田がラップしちゃってる。

そもそもソウルやブラックミュージックを取り入れたシティポップ的な曲なのだが、くるり、完全に流れに身を任せちゃってる。

僕の知ってるくるりと言えば・・・

 

https://youtu.be/QNCqqBnF2VU

 

 

こんな感じだったはず。

完全には垢抜けない良さ、抑揚はないが心にビンビン突き刺さる不器用な歌。

それが新曲はあきらかに挑戦してる。

挑戦するベテランの姿勢と探求心には感服させられるが・・・

 

それじゃない感の正体

この上海蟹の曲、めっちゃシティポップ。

最近はシティポップって言葉がはやってしまって輪郭が完全にぼやけてしまってるが、上海蟹は完全に流行りの音だ。

 

シティポップって聴いててステータスに感じるおしゃれさが流行した要因の1つだと思うんだけど、それってがむしゃらなロックに対するカウンターカルチャーなわけで。

口悪く言うと、カナブーンなんかが流行って、ちょっと音楽シーンの精神年齢が下がったところに、それらを見下すがごとく「聴いてる俺カッケー」なおしゃれサウンドが流行った、それがシティポップ。

 

以下、参考比較。

 

 

この解釈はあながち間違ってないと思うんだが、くるりってどちらかというと前者だと思うんだよな。

カナブーンなんかと一緒にするのは嫌なんだけど、くるりの良さってカッコつけないとこだったり、垢抜けないけど心温まる曲にあると思うんだよね。

それがシティポップの流れに乗っちゃうところが違和感の正体。

 

サビが「上海蟹食べたい♪」だからまだセーフだが、これがサビでもおしゃれなままだったらもはや完全に僕の知ってるくるりじゃなくなってるところだったよ・・・

 

とはいえ、時代に順応するというか、変わることはバンドには不可欠なわけで。

 

今までにないような曲に対して、「前の方がよかった!」なんていうファンは必ず出てくるが、そこに構ってる暇なんてないんですよね!このご時世。

どうせこれから頻繁にラップするようなこともないだろうから、見守るとする。

 

ただ、これはシティポップを岸田が皮肉ってるとかそういうのじゃなくて、単純にスタジオでジャムってたら気に入っちゃった感をすごく感じるんだな。

岸田が普段SNSであれやこれや言ってるからファンは深読みしがちだが、あんまり深い意味はないと思う。

 - MUSIC