迷ったらmoskitooを聴いておけ

   

m

テイラー・デュプリーによって設立されたアメリカ・ニューヨークのレコードレーベル、12kを代表する雪国サウンド、moskitoo

エレクトロニカとか聴きたいけど、何聴けばいい?みたいな人にはいつも最初に勧めてる。

上品なアンビエントに上品なグリッチノイズとウィスパーボイスという気持ちいい組み合わせ。

類似アーティストはたくさんいるが、moskitooは特別だ。

退屈させないライブ

電子音楽のライブって基本何やってるか分からない人が多いし、バンドみたいにパフォーマンスが派手じゃないから、違う畑の人にとっては何が面白いのか分からないんじゃないだろうか。

実際、ライブのやり方も三者三様で、ほぼDJスタイルの人も居れば、生の音をその場で重ねて組み立てて行く人も居る。

moskitooは後者。しかも、かなり工夫されており、オーディエンスをとにかく飽きさせない。

具体的には、身の回りにあるいろんなオブジェクト(ギター、グロッケン、オルガン、トイ楽器、電子楽器、楽器ではない物など) と、自身の声を幾重にも折り重ねてコラージュのように構築していく。

なんとも神秘的なスタイルだし、一朝一夕で真似できるものでもない。

僕の中で、ライブが面白かったのはmoskitooとkira kira。

どちらも、見て楽しいとこに共通点を見いだせる。

迷ったらmoskitooを聴いておけ

難しいジャンルだが、moskitooに嫌悪感を抱く人はそう居ないんじゃないだろうか。

これからも、「何か聴きやすいエレクトロニカとかってないの?」

というヤル気の無い質問をされたらmoskitooを勧める。

たぶんその人はまぁまぁ気に入ってくれると思う。

 

 

 

 - MUSIC