ベルリンからkyokaの音波が心臓に届くまで

   

kyoka

ドイツはベルリンを拠点に活躍する電子音楽家、kyoka

実験 ・電子音楽レーベルの最高峰の一つである「raster-noton」における、初の女性ソロアーティスト。

もはや日本の宝と認定しましょう。

カオスでビリビリするような激しいノイズが、人々を躍らせるのだ。

彼女の音楽、一種の麻薬である。脳が麻痺するもん。

シンセ片手に旅

1999年、シンセサイザーやコンピューターを購入、小さなシンセを片手に、単独でバックパック旅行を開始。

WEBサイトからの引用だが、これもうオカシイよね。

シンセ片手に旅って。ラジカセじゃないんだから。

 

onpa)))))

2008年に初めてのEPをベルリンのonpa))))) レーベルから3枚同時に発表。

onpa)))))は羽生和仁氏が主宰のドイツの実験音楽レーベル。

「ポップでありながら常に実験的であれ」という理念のもと、バリバリのノイズとダンスを同居させたような独自のカラーの音楽を世に送り続けている。

 

Raster-Noton からリリースしたのはもう少し後の2012年で、12インチ「iSH」をリリース。

日本盤は2012年4月にCDで限定300枚プレスでリリースされ、瞬く間にソールドアウトした。

 

とまぁかなり省略したが彼女の凄さは伝わったと思う。

要するに、凄いのだ。

Raster-Notonといえば誰もが憧れるAlva NotoとByetone率いる超名門レーベルだからね。

 

ノイズの応酬がリズムとグルーブを産む

ClubberiaTV presents KYOKA from clubberia on Vimeo.

カッコいい・・・

電子音楽・テクノの超先進国、ドイツ。

その中心でkyokaの音楽は鳴り続けている。

絶えず日本に飛び込んでくる彼女のニュースに、いつも心踊らされる。

彼女のライブを生で拝見したのはもう2年ほど前になるのか・・・

ベルリンからkyokaの音波をまた早く心臓に届けたい。

 - MUSIC