空間現代は好きですか?

   

kukangendai

僕はあまり好きになれません。

こんにちは。

現代音楽の話です。

 

めちゃくちゃ最先端でソリッドな実験的音楽をバンドというアナログ形式でやっちゃってます!

分かる頭のいい人はついて来てね!

ってな具合のバンド、空間現代

 

みなさんは理解出来ますか?

 

バイオグラフィーが難しい

空間現代

2006年、現行メンバー3人によって結成。
編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲を、スリーピースパンドの形態で演奏。
これによるねじれ、 負荷が齎すユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。
近年では演奏における一つの試みとして、並走する複数のグルーヴ/曲を行き来しながらも、
ライブに流れる時間全体が一つのリズムとして立ち現れてくる様なライブ形態の
構築と実践に取り組んでいる。

???

??

駆け出しの大学生ポストロックバンドが書いてそう。

この文章から分かるのは、なんとなく変拍子系のマスロックかな?ってとこか。

この紹介文じゃ全然興味を惹かれないが、とりあえず楽曲を聴いてみることにする。

MVはかっこいい。

でもやっぱりちょっとよく分からないな。

「これ聴いてたら頭がよく見える」くらいしかメリットが思いつかない。

あ、でも終盤のリズムが整いだした辺りからはカッコいいかも。

 

どのカテゴリーに居るの?

どんなミュージシャンと親交があるのか。

見たところ、バンドではZAZEN BOYSやskillkillsなどか。

どっちかって言うと電子音楽の方と相性良さそうなのは周知か。

灰野敬二とか、池田亮司とか好んで聴いてるのかな。

電子音楽界隈にもバンド界隈にもアプローチできるスタイルは賢いなと思う。

 

まぁ賢くないとこんな難しい音楽作れないよね。

灰野敬二

好みじゃない、理解できないと言いつつも記事にする程どこか興味を惹かれるのが悔しい。

“調べたくなる” 音楽ということか。

 

で、本当に好きなの?

みなさんは好きですか?

 

僕はドローンの方が数倍聴きやすいと感じた。

 

空間現代をiPodに入れることは今のところ予定していない。

でも、なんかそのうち好きになってそうな気がしないでもない。

 

不思議なバンドだ。

 

 

 

 

 - MUSIC