世界は素晴らしいフェスがあふれている

   

Secret-Solstice-2015_928x400

インターネットでベッドルームミュージックが拡散されると、世界各地でマニアックかつ良質な音楽フェスがひっそりと、でも確実に増えてきている。

ここ日本でも、山梨ではアンビエントに特化した200人限定のCAMP OFF-Toneが開催され、ジム・オルークやmoshimoss、DJ蟻などが出演している。

有名だが、レーベル術の穴が主催するササクレフェス、北海道のニセコでは、森の中でコーヒーとフォークを堪能できる森のカフェフェスなど、いろんなコンセプトが各地で花を咲かせている。

そんな中、とっても目を引くフェスを見つけてしまった。

アイスランドの秘境フェス

注目を一挙に集めた理由の一つが、Radioheadの出演だ。

アイスランドという音楽大国にRadioheadが来る。

アイスランド音楽とRadioheadの両方が大好きな僕のような人は世界中にたくさん居て、その誰もが注目しているはずだ。

今年はサマーソニックでのRadioheadの出演がアナウンスされたが、大自然の中と巨大ホールでは全く違った雰囲気になるのだろう。

氷河地帯でのフェス

理由の2つ目は、氷河地帯で開催されることだ。

温暖化の影響で、今年が最後かもしれないとも言われている。

まさに秘境フェスの名の通り、写真がどれもものすごく神々しい。

Secret-Solstice-2015_928x400

日本でも出来るはず

アイスランドが自国の特徴を生かしたフェスが出来るように、独特の文化を持つ日本でも世界基準のユニークなフェスが開催されるべきだ。

例えば、神社やお寺。

広島の厳島神社で音楽イベントが行われていたが、もっと海外に向けたラインナップでのフェスを寺で開催出来たら、世界中から注目の的になるのでは?

たぶんこの考えを持つ人はたくさんいるだろう。

僕が思いつかないような現実的な問題もあるだろう。

でもいつか、寺でビョークやÓlafur Arnaldsのライブを見ることが出来たなら・・・

ここでライブをやりたいミュージシャンはたくさんいるだろうし。

 

今のところ僕に出来るのはラインナップを空想することくらいだが、世界には素晴らしいフェスがあふれている。

日本はユニークなフェスにはもってこいな文化や環境がある。

世界の音楽ファンを驚かすようなフェスを見てみたいし、出来ることなら関わっていたい。

 - CULTURE, MUSIC