そのメロウさに用がある、エレクトロデュオcity your city

   

1

昨年、術の穴からデビューしたエレクトロデュオ、city your city

気だるそうなヴォーカルk-overとトラックメイカーTPSOUNDが織りなすニュークラブミュージックは、癖になる感満載だ。

k-overの色気がすごい

大丈夫、僕は男だ。

このcity your city、k-overのボーカルの色気が最大限に押し出されている。

声もさることながら、ブレスがかっこいい。

TPSOUNDのUKアングラっぽいトラックもベタベタだがすごく気持ちいい。

もっとも音楽的波長の合う2人が噛み合うとこうなるのか。

transposeというレーベルもチェック

k-overは、「アーティストの書き下ろした楽曲に絵とエフェクトをつける」というコンセプトのもと、楽曲をYouTubeで配信するレーベル、transposeを立ち上げている。

これまでに、共同主宰のEMDEE1や、canooooopyなどの曲を公開し話題を呼んできた。

そのtransposeで、k-overがScarab Sacreと共作したOut of focusという曲が、僕は大大大好物なのである。

かっこいいでしょ?

k-overの言語不明のウィスパーボーカルに意味を持たせる映像もおもしろい。

途中で登場し煙を巻き上げる石油発動機なるものはちょっと理解しがたいが・・・。

バンドマンでもクラブミュージシャンでも、k-overのこの声は憧れる。というか憧れてほしい。

日本のクラブシーンよ!この才能に振り向け!

と声高にいいたい。

術の穴のササクレフェスでのライブの模様が知りたい。

そしてアルバムが聞きたいと思えるミュージシャンだ。

そのメロウさに用があるのだ。

 

 

 

 - MUSIC