曲の解剖医。サンプリングキング、canooooopy

   

top

史上もっともイカすアーティストアートワーク。

これがそのcanooooopy。

不気味の一言に尽きるが、やっぱりVirgin Babylon Recordsだ。

 

これもそのレーベルに関連する記事。

変人奇人の集まりだが、canooooopyも例に漏れない。天才だ。

100%サンプリング製法

有名な話だが、彼はサンプリングした断片を切り張りしてコラージュのように曲を作る。

使っているのは、Garage BandとiTunes。

誰でもすぐに出来る手法で誰にも作れない音楽を生み出す。

まぁまずは聴いてほしい。

どうだ!!

音数めっちゃ多いけどごちゃごちゃ煩わしくない。

やっぱりかっこいいな。。

それにしても元ネタが分からない。アー写の家電のチラシに馬鹿にされているように感じてきた。

僕の一押しの曲を紹介しよう

上からで申し訳ないが、僕の好きな曲を聴いてもらう。

この思考石のチャンネルめぐりという曲、出だしの周波数高いノイズがめちゃくちゃかっこいい。

また、1曲が短いので、飽きずに聴いてもらえると思う。

ポエムコアをパクったのオマージュとしてsoejima takumaらが中心にリリースした俳句コアというカオスな企画にも参加していたcanooooopy。

曲の長さが1分前後というルールなのだが、彼には平常運転だったようだ。

https://basyo-label.bandcamp.com/

そもそも俳句コアも突っ込みどころ満載だが、参加アーティストが豪華なだけにおもしろい。

 

まぁ話はそれたが、canooooopyは要するに天才なのだ。

天才っぽい曲を作る。ブレイクビーツのサンプリング文化とは訳が違う。

彼は「アート」なのだ。

 - MUSIC