VRでColdplayになりたい

   

Coldplay, Mt Smart Stadium

 

最近、Sony、Oculusに続き、Apple、Amazonと、世界の大企業がこぞって参入しているVR。

VRとはご存知バーチャルリアリティのことで、バーチャルの世界に自分が入り込めるという技術や体系。つまりは仮想現実ということである。

一家に一台VRがあり、スマホの次のプラットホームになるのは、もはやそんな遠い話ではなさそうだ。

 

そんなVRで、僕にはどうしても体験したいものがある。

 

VRで出来ること

日本でもVRという言葉が浸透してきて、最近話題になったは、あの進撃の巨人展。

参加者は、Oculus Riftを装着し、進撃の巨人の世界に入って行けるというもの。

これは進撃の巨人展ではないがこんな感じだったんでしょう。

あっという間に3D映画の先を行ったVR。楽しみで仕方がない。

 

僕がやりたいこと

僕はVRで、Coldplayのクリスの視覚を味わいたい。

Viva La Vidaでクリスがステージに倒れ込んで、会場の大合唱に囲まれる。

これを見るたび、猛烈にクリスになりたくなる。

これは至って現実的で、カラオケにVRがつけば出来るのだ。一家に一台より早く出来るんじゃないか?

 

VRを調べるうちに、Viva La Vidaを熱唱したかった僕は、すぐさまそのイメージが浮かんだ。

Coldplayより好きな音楽家はたくさんいるのだが、僕が一番見たいのはクリスの見ている景色なのだ。(それかミスチル桜井)

 

僕ですぐに思いつくくらいだから、どっかの企業がこういったプロジェクトを始めているに違いない。

あとは待つだけだ。任せた。

 

 

 

 

 - CULTURE