うきはの杉工場から学ぶアートの汎用性

      2016/03/30

12187667_1723024211259636_505205270870052013_n

福岡県はうきは。

明治時代創業の家具製作工場である、「杉工場」

ここが今、クリエイティブの発信基地として注目されている。

最近よく聞く、アートでの町おこし。

今回は、福岡南部の田舎町、うきはを紹介する。

Wood / Water Recordsを知るべし

autumnleafというバンドが主宰するレーベル、wood / water Record

うきはを拠点とし、アイスランドからkira kira、カナダからはi am robot and proudを招聘するなど、福岡を引っ張るレーベルの一つだ。

まずautumnleafがめちゃくちゃいい。

心地いいフォークサウンド。非常に好きだ。

杉工場が本拠地

そんなwood / water recordsがオーガナイズするイベントでしばしば使用されているのが、冒頭にも述べた杉工場だ。

kira kiraを呼んだイベントでもそうだが、地元の特産品や工芸品の販売やフードの提供なども連携させるなど、その活動はただの音楽イベントの域にとどまらない。

気の反響や杉の香り立ちこめる雰囲気は、絶対に他の場所では味わえないはずだ。

いや本当にここで音楽を聴けたのは贅沢だった。

この杉工場、HPもなんだかオシャレで、クリエイティブな方法でのマーケティングを意識しているようだ。

http://www.sugikouba.com

周りには本当に何もなく、イベントも最後までいたら終電終わってるようなところだが、それでも足を運ぶ魅力がある場所だ、というのが僕の印象だった。

この杉工場のPR映像もいいよね。音楽もベリーグッド。

都会で消耗してるサラリーマンに転職したいと思わせるには充分だ。

またイベントやるらしいよ

そんな杉工場で、またwood / water recordsがイベントで外タレを招聘する。

4/9 Marker Starling (aka Mantler) Japan Tour 2016 うきは公演

カナダからメロウなアコースティック。なんとも杉工場にぴったりだ。

福岡近郊に住んでいる人は是非行ってもらいたい。

その時は、車で行くことを忘れないで欲しい。

最後に

こういった地方とのコンビネーションはアートの完成系のひとつになっている。

Webでのマーケティングも無限に工夫出来そうだし、さらにおもしろいことやってる地域を探すのも楽しそうだ。

さらに、こうやってポピュラーミュージック以外のいろんなジャンルの音楽が地域に根付いていけば最高だなぁ。

 

 - ART, CULTURE